太陽の下で笑う。

うまいものはうまい。

いいお金の使い方をしよう。

2歳の娘を見ていると、欲望に忠実だなーと思うことが多い。その場の気分でやりたいと思ったことをやるし、食事も食べたいものを純粋に食べる。

 

ブロック遊びをしていたかと思いきや、人形を登場させて、いつのまにかお医者さんごっこになっていたり、いつのまにかかくれんぼになっていたりする。常に今やりたいことをやっている。

シュークリームを与えると、こぼれたり頬っぺたが汚れるのをいとわず、クリームが一番多い場所に顔をめり込ませるようにかぶりついていく。そしてクリームだけをもぐもぐと食べて皮が残されたりする。ケーキもクリームだけを食べてごちそうさまになってしまう。ミートソーススパゲッティを与えても、上に乗ったソース部分だけを器用にすくってもぐもぐと食べつくしてしまう。

 

マナーとかしつけという観点だといただけないが、欲望に忠実で見ていて気持ちが良い。人間、本来はこうなのだなと思ってしまう。

 

その反面、僕はだんだんと欲が減ってきているような実感がある。先日、お金の価値が下がってきているということを書いた。

 

子供時代から20代後半くらいまでは、「これが欲しい!どうしても手に入れたい!」という身もだえするような欲求と、ネットや口コミ等をくまなく見て比較検討して注文する、もしくはその場の勢いと高揚感でえいやっと購入を決めるという買い物、消費への集中力のようなものがあった。しかし、最近はそういったものもなく、必要なものは買う。不要ならば買わない。必要以上には調べずにあっさりと購入するというような感じになってきている。

 

単純に物欲が減ってきたということもあるかもしれないが、ある程度お金に余裕ができてきて、かつ将来に渡ってのお金のシミュレーションができてきたというのもきっかけとしてあるのかもしれない。

laughunderthesun.hatenablog.com

 

社会人になって約15年。いまのところ健康に働き続けている。将来のために投資もやっており、許容できる範囲のリスクで手堅く運用している。家も、借金ではあるが無理しない程度の返済計画で購入済である。まあなんとなくだが、大きく跳ねる可能性も低いものの、大きく生活にリスクが出る状態でもないのかなと思っている。

 

とはいっても一寸先は闇、板子一枚下は地獄という言葉もあるので、僕の会社が潰れたり、事業が立ち行かなくなってさらに転職にも失敗して落ちぶれたり、心身の不調や大病で急に家計がひっ迫していくこともゼロではないだろう。もしかすると、困窮の末、あの時はあんなことを言っていて油断してたなーと将来的に思うかもしれない。

 

ただ、現状としてはある程度計画的な生活ができている状態で、年齢や家族構成の変化もあり、コロナによる生活の変化もあり、なんとなくあまり消費しない、あまり欲のない生活になっているような気がする。

 

もともと、僕は親が銀行員だった影響か、お金の使い方については比較的堅実でコンサバティブな価値観を持っていた。それがさらにこの数年間で倹約的になっており、とはいえまだ働き盛りでアクティブな30代だぞ、これで良いのか?と気になり始めている。

 

ここで改めて『いいお金の使い方』について考えたほうが良いぞ、と思うのだ。娘のように、欲望のまま動く!ということではなく、大人としての『いいお金の使い方』をしていきたい。

 

ちょっと考えて書いてみよう。

 

1)人のためのお金

贈り物やプレゼントが上手い人に憧れる。ちょっとした際の手土産やプレゼント、お祝いをさっと贈れるというのは素敵なことだ。

 

うちの会社は儀礼的なものは辞めていきましょうというスタンスなので、お中元のやり取りなどは無い。他の大企業だといまだにやったりしているのかな? ただ、結婚やら出産を経て、親戚、知人、友人などからお祝いをいただいて、内祝いを返すという一連の流れは経験しているし、僕も贈ることも多い。贈り贈られを経験しつつ、これって儀礼的な意味もあるけど、人と人とのつながりをちゃんと保っていくためのいい仕組みなんだなーと思って感心している。相手のことを考えてますよ、気遣ってますよというメッセージなのだ。人とのつながりとやりとりはとても大事だ。

 

また、助け合いのためにも、いいお金を使っていきたいなと思っている。部活の後輩への応援も兼ねたカンパや、友人知人が何か苦境に直面した際の援助、災害への義援金なども、余裕のある際はちゃんとやっていきたい。

 

2)子供の成長のためのお金

子供の習い事などは僕も奥さんもあまり興味は無いのだが、子供の興味を広げるための体験や絵本、図鑑などはどんどん投資していきたい。その興味を広げた上で、子供が何かやりたいとなったら無理のない範囲で応援してやればよいなと思っている。

また、僕が両親から学んできたように、お金に関する考え方もちゃんと伝えていきたい。基本的には堅実であってほしいが、しっかり使って知識や経験を得ていくような、いいお金の使い方を教えていきたい。

 

3)自分の世界を広げる(深める)ためのお金

これは主に本と、人との出会い、そして改めて学ぶためのお金かなと思っている。30代も後半になり、仕事と家庭の往復だけでそれでよいのかという焦りのようなものはずっと感じている。とはいえ子供も生まれ、コロナ禍に突入し、感染者が増えたり減ったりの中でいまいち何にチャレンジすべきか定まらずにいる。なんとなくのモヤモヤした感じがずっとある。

グロービスなどのMBAなのか、ヨット以外の別の趣味なのか、何か世界を広げていきたいなと感じている。

 

4)生活を整えるためのお金

先日、炊飯器を14年ぶりに新調したが、お米が明確に美味しくなって生活の質が上がった。僕の悪い癖で、使えるものは多少不便でもずっと使い続けていたのだが、えいやで買うとその後の生活がずっと快適になって良い。切り替えるなら早いほうが良い。昨年の夏くらいにルンバも導入したのだが、便利すぎて驚く。毎日留守中に部屋を綺麗にしてくれるルンバ(娘曰くぶいーんちゃん)に畏敬の念を禁じ得ない。数万円分の価値は間違いなくあったし、壊れてもまた買うだろう。このような生活を整える出資は臆せずやっていきたい。

今後は以下を検討している。
・ビルドインタイプの食洗器を入れたい
・作り置きやふるさと納税用に外付けの冷凍庫が欲しい
・給湯器が古いので壊れる前に入れ替えたい(しかし全体的に在庫不足らしい)

 

とまあこんな感じだろうか。節約や投資は比較的うまくいっている方だと思うので、改めて使い方も意識していきたい。

 

 

 

 

 

植物園とサウナ後のドデカミン。

日曜日のはなし。

 

午前中、娘と二人で植物園デート。
近くの植物園まで童謡を歌いながらドライブ。娘は僕の歌う「でんでんむしむし」がお気に入り。歌っていると後部座席でチャイルドシートに座っている娘も一緒に歌い出す。歌っていたらあっという間に到着。

 

f:id:showgo0818:20220118094953j:plain

エントランスには「とら」のフラワーアートが展示されている。何度見ても「とろ」に見えて少し変である。

 

ハロウィン、クリスマスのイベントシーズンも終わり、ほとんどの植物はシーズンオフで咲いておらず、園内はガラガラである。広い園内に子供連れの家族はたったの3組くらい。それ以外は散歩するご老人が10名くらいである。採算大丈夫なのだろうか。しかしその分、幼い娘が自由に歩き回れるので良い。

 

広い園内でかくれんぼをしたり、おいかけっこをしたりと楽しく遊ぶ。

 

寒いので温室内を娘と探検。

f:id:showgo0818:20220118094959j:plain

f:id:showgo0818:20220118095006j:plain

 

以前は植物がモサモサと茂っている様子を怖がって一人で歩けなかった娘も、今日は興味深そうに眺めながら一人で歩いている。成長だ。これがバナナの木だよ、と教えると、巨大な葉っぱを持つ異様な植物を眺めて、自分の知っているバナナと頭の中で比べているみたいだった。

 

世の中は不思議でいっぱいだ。色んなものに興味を持って調べて学ぶ子に育ってほしいなと思う。

 

お昼は奥さんがオムライスを作ってくれた。3人でもぐもぐ食べる。

 

午後、娘が昼寝している間に、一人で近くの温泉に行ってくる。土曜日にランニング、日曜日に温泉と娘の昼寝時間を有効活用するのだ。高温サウナからの水風呂⇒外気浴がたまらない。別にそこまでストレスが溜まっているわけではないが、身体の中のいろんな負の何かが水風呂と冷たい空気の中で雲散霧消していくようである。さっぱりさっぱり。風呂上りのドデカミンが美味い。中学生みたいだが美味い。

 

小中学生の頃、よく部活帰りや友達と遊ぶ際にライフガードデカビタCガラナなんかを飲んでいた。何か凄そうな栄養?と炭酸が入っていてペットボトルでデカいという頭の悪い飲み物が大好きだったのだ。しかし、高校生になると、なんとなく子供っぽい飲み物ということで敬遠しがちになり、大人になってからは甘い飲み物をほとんど飲まなくなってしまった。しかし、最近改めてリアルゴールドドデカミンなどの甘い炭酸って美味いなーと思ったりする。普段から買って飲んだりはしないが、サウナ上がりなどは最高である。

 

 

夕方は娘と遊んでばんめし。

f:id:showgo0818:20220118095012j:plain

いつものクーブイリチー、ホウレンソウの胡麻和え、ジャガイモとソーセージのスキレット焼き。

我が家にとっての高級ソーセージ、ジョンソンヴィルに、ジャガイモ、ブロッコリー、玉ねぎを一口大にカットして、オリーブオイルとクレイジーソルトをふりかけてオーブンで焼いただけだが、野菜がホクホクで美味い。簡単だけどご馳走である。

 

そんな感じの週末。

 

 

 

 

 

娘との公園。フォアフットと買い物下手な人。

土曜日のはなし。

 

午前中は娘と公園へ。最近はベビーカーに乗りたがらないので、歩いて10分くらいの公園でも一緒に歩いていく。

 

「道を歩くときは車が危ないから、端っこを歩くお約束だよ」「車が来たら止まって待ってね」とルールを教えながら歩く。とはいってもまだ2歳児なので、気ままに道の真ん中を歩いたり、急にかけっこが始まったりと制御できないのだが、少しずつ理解して守れるようになってくれれば良いなと思っている。歩くのも娘のペースだと大人の倍くらい時間がかかるが、子供目線での散歩も楽しいものだ。

 

午前中はさすがに寒いからか公園はほとんど貸し切り状態。そんな中でもブランコに滑り台に元気に遊んでいた。滑り台も親が手を貸すのを嫌がって「パパは離れて見てて!」と言って一人で登って楽しそうに滑っている。

 

途中から、同い年くらいの男の子と、若いおばあちゃんの二人連れが来て少し離れた箇所で遊んでいたのだが、うちの娘がブランコに乗っている際にその子が滑り台を滑ろうとすると、娘が「滑り台はAちゃんのだよー!」「Aちゃんの番だよー!」と大きな声で主張していた。その子とおばあちゃんには多分聞こえていなかったと思うが、「お友達の番だよ、みんなで滑り台を使うんだよ」と話して聞かせる。

 

うちの子はまだ保育園に入っておらず、最近は平日も寒くて近所の同年代の子供とも遊べていないので、このあたりの社会性はまだまだ身につけられていないのだろう。春から保育園なのでちゃんと慣れていかないとな。

 

昼は家で肉うどん。

公園から帰りながら、娘に「お昼はうどん食べようねー」と話していたのだが、細麺の五島うどんを出したところ、「これはうどんじゃないー!!!」と嫌がって大暴れ。娘がイメージするうどんと違ったのだろう。最近は自分がやりたいことや食べたいものがはっきりしてきて、こういったことがたまにある。まあまだ2歳なのでしょうがないか。

 

娘が昼寝している間にランニング。前週、数か月振りに走ったところ3キロくらいで膝の違和感があり、その後も2日間くらい筋肉痛だったのだが、今回は比較的快調に走れた。昨年、スロージョギングに関する本を読んだのだが、その内容を改めて意識し、息の上がらないペースで走ること、歩幅を短くしてフォアフットで着地して走るようにしたら、その後の疲れが全然違っていた。もともと膝を痛めやすいので今後も気を付けていくようにしよう。

 

夕方、一人で細々とした買い物を済ませる。

 

ここ10年くらいで認識してきたことだが、普段あまり行かないお店で買い物をするのは嫌いではないのだが結構疲れる。というか僕は買い物が下手なんだろうなと思う。

お店について、目当ての商品がどの棚にあるのかをちゃんと探すのも大変だし、その棚に行ってもいろんな商品が並んでいてなんだか圧倒される。棚全体の情報量が多くすんなり把握できない。そしてその中でどの商品を買うのかを検討しないといけない。買って後悔するのは嫌なので性能や商品の状態、他の商品との比較、値段と品質のバランスなどを検討する。そしてようやく決めてカゴに入れる。何かと時間がかかるし疲れる。

 

昔から、ズバッと探してズバッと決めてズバッと買うというのができない。そして、探索から情報収集、比較検討、決定のプロセスを何度も繰り返していると、なんだか脳が疲れてきてどうでもよくなってきたりする。

昔からファッションは好きで買い物も好きではあるのだが、大型のショッピングモールやアウトレットモールに買い物に行ったりすると、せっかくの休日に好きなものを買いにきているのに、疲れて途中でどうでもよくなって、結局いつも買っているブランドで買ったり、日用品だけを買ってあとは甘いものでも食べて帰るかとなってしまったりするのだ。単純に買い物が下手なんだな。

 

普段通っているスーパーであっても、冷蔵庫の中身と自分が食べたいもの、スーパーの安売りの状況などを考えながら買い物をするので結構時間がかかったりする。ズバッと買い物ができるようになりたいが、おそらくこれは性格なので変わらないんだろうな。

 

夜は家にある作り置きや賞味期限間近の食品をモリモリ食う。なので料理の写真はなし。そんな日。