太陽の下で笑う。

うまいものはうまい。

公園へのお出かけが楽しい。娘の成長について。

うちの娘が生後10か月になった。あっという間である。

 

日々できることが増えてきており、娘もそれが嬉しいのか、全身で喜びを表現しながら狭い賃貸の家の中を動き回っている。最近は僕の本棚に並ぶ本ぐちゃぐちゃに引っ張り出すのがお気に入りのようだ。

 

親としてもいろいろと刺激を受けて欲しいし、ようやく過ごしやすくなってきたこの秋のシーズンにしっかり子供と遊ぼうと、休みの度に公園にピクニックに行っている。

 

まだ遊具などは使えないし、自分で歩いたりはできないので、ベビーカーに乗せて散歩したり、芝生でハイハイさせたり、歩く練習をさせたりとその程度だが、それがなんとも楽しい。

 

まだ歩き回ることはできないが、つかまるところがあればすっくと立ちあがる。両手を持ってあげるとペタペタとぎこちなく足を出して歩き出す。ペンギンみたいで可愛い。

 

f:id:showgo0818:20200924122510j:image

そしてこの手足の短さがまた良い。 

 

また、手を放しても10秒くらいならバランスをとって立てるようになってきた。小さな足の裏で大きな頭を支えてバランスをとるのは大変だろう。ただバランスを崩してもお尻からちゃんと座っていてえらい。

 

先日公園で遊んでいたら、その状態から一人でタタっと足を出していた。記念すべきはじめの一歩を見ることができておとうちゃんおかあちゃんは感激である。

 

f:id:showgo0818:20200924122724j:image

アクティブな遊びも大好きである。しっかり背中を支えてあげれば肩車だってできる。娘を肩車できるなんて感無量である。娘は高いところが嬉しいのか大はしゃぎ。嬉しすぎて反ってしまうのが少々危険。

 

 

こんな感じで、車にベビーカーと小さなビーチテントを積んで、30分~1時間くらいで行ける大きめの公園を開拓している。横浜から湘南、三浦あたりにはいい公園が多い。スーパーで弁当を買ったり、コンビニコーヒーだけとかでも十分楽しめる。

 

だいたいどの公園も昼頃に混みあってくるので、娘の朝ごはんを済ませたらすぐに出発し、10時~12時くらいまで遊んで、昼過ぎには帰宅する。その後ジムに行ってもいいし、ランニングに行ってもいいし、買い出ししてゆっくり料理もできる。とても健全な休日の過ごし方である。

 

 

 

 

最近の娘の成長についても残しておこう。

 

・自我が強くなってきて、感情を伝えることができる。おもちゃを取り上げられたら怒るし、嬉しい時はパタパタと手足を振り回し、頭をフリフリして喜ぶ。「まーまー!」と親を呼んだりもできるようになってきた。

時折「あうあうあうあうあうあうあ~」とよくわからない言葉も発している。たぶん彼女なりにどうしても伝えたいことがあるのだろう。

 

・親の行動を真似するようになり、パチパチと拍手したり、バンザイやバイバイとお手振りができるようになってきた。親が隣の部屋に移動したりすると、ハイハイで後を追ってきたりする。 

 

・先月くらいから、絵本を読んであげるとページを自分でめくれるようになってきた。絵本も好きなページがあるらしく、興奮して嬌声を上げたりページをペチペチと叩いたり反応してくれる。こちらも読みがいがある。

 

もう少ししたら話し出したり、パタパタと走り出していたずらも増えてくるのだろう。赤ちゃんから子供への移行期間をじっくり楽しもう。

 

 

 

 

横須賀ぶらぶらと肉とワインの食卓。

土曜日のはなし。

 

ちょいとドライブして横須賀へ。

横須賀といえば米軍基地、スカジャン、戦艦三笠ですね。(そうなのか?)

f:id:showgo0818:20200920211115j:image

特に歴史や軍事ものは詳しくないのだが、海や船にまつわるものが好きなので内部も見学していこう。デカい船というのはそれだけでカッコいい。

 

全く事前知識無しで行ったのだが、この戦艦三笠は、日露戦争でロシアのバルチック艦隊を撃破した東郷平八郎が乗っていた戦艦らしい。歴史的遺産なんですね。

 

東郷平八郎といえば、原宿に東郷平八郎を祀った神社があり、うちの会社では毎年の仕事始めに役職者が集まって参拝するのが習わしとなっている。軍人を祀った神社というのはちょっと不思議な気がする。

 

日露戦争当時の世界情勢を考えると、アジアの小国だった日本が巨大なロシア帝国の海軍相手に勝利を挙げたというのは奇跡的な出来事であり、勝利の神様として祀っているというのはなんとなくわかるような気もするが、昭和の時代まで生きた一般の人が神様として祀られているというのは少し違和感がある。神道の世界というものは比較的自由なのかもしれない。乃木神社とかもそうなので、あまり珍しいものでもないのかな。

 

艦内を巡りながら当時の歴史や世界情勢、日本海軍について学んでいける。歴史好きな人からするとたまらない展示だろう。


f:id:showgo0818:20200920211120j:image

僕はどちらかというとこういった海事の信号などの方が気になったりする。ちなみに東郷神社では勝負事の御守りで勝ち札というものがあり、このZ旗があしらわれている。僕も毎年年初に東郷神社にお参りする際に購入してたりする。


f:id:showgo0818:20200920211155j:image

記念艦三笠、なかなか見どころのある施設であった。

 

 

その後は、娘をベビーカーに乗せてぶらぶら散歩する。横須賀という街は、米軍向けの店や看板が所々にあり、米軍払い下げのショップなどもあるため、異国情緒ある街として紹介されたりする。

 

しかし実際に行ってみると、街の景観がなんだか日本とは違う感じがするのだ。

 

大きくて古いマンションが壁のように道沿いに広がっていたり、狭い街なのにやたらと道路が広く、その横道に雑然とした路地が続き、ボロボロの雑居ビルや飲食店が並んでいる様がどことなく海外の街にいるような気になってくる。有名なドブ板通りにも行ってみたが、それよりはこの不思議な街をぶらぶら散策している方が楽しいかも。

 

散策していたら腹が減ったので、中心部にあるコースカというショッピングモールで巨大なハンバーガーを買い、三笠公園の海沿いのベンチで食べる。

 

f:id:showgo0818:20200923212826j:image

大人の顔よりも大きなハンバーガーで、白身魚のフライとマグロのフライが挟まっている。タルタルソースもたっぷりで2人で食べてもお腹いっぱいである。

 

その後は公園で娘と遊ぶ。

f:id:showgo0818:20200920211137j:image

かまり立ちもだいぶ上達してきており、手を持って誘導してあげるとトコトコッと歩けるようになってきた。

娘も動けるのが愉快なのかキャッキャと笑いながら歩くので可愛くてしょうがない。しばし遊んで横須賀を後にする。

 

 

帰りに肉のハナマサに寄って、連休に食べる肉を買い込む。連休も自炊を楽しむのだ。

 

 

厚切りの赤身肉を買い、anovaで低温調理にかけて鉄フライパンで焼く。

f:id:showgo0818:20200920211129j:image

 

もうこれだけで優勝である。低温調理で出た肉汁と醤油と酒でソースを作り、カットした肉にかける。

f:id:showgo0818:20200920211151j:image

低温調理にかけているので中がレア気味でもしっかり火が通っており柔らかくて美味い。何より肉を食っている!という感じが素晴らしい。

 

右は生ハムとレタスのサラダ。バリバリとサラダを食って肉をわしわし食ってワインを飲むしあわせ。娘も昼間にしっかり遊んだのでぐっすり寝てくれている。


f:id:showgo0818:20200920211124j:image

こちらは牛スジの洋風煮込み。圧力鍋で下茹でした牛スジをトマト缶、醤油、酒、みりん、砂糖、コンソメローリエで野菜と煮込み、ケチャップとタバスコ少々で味を整えて完成。


f:id:showgo0818:20200920211146j:image

左はジャガイモのチーズ焼き。ジャガイモとソーセージを炒めたおかずが先週から余っていたのでチーズをかけて焼いただけ。

右はアボカドトマト生ハムのサラダ。切って並べてオリーブオイルとレモン汁、クレイジーソルトをかけて完成。


f:id:showgo0818:20200920211141j:image

そんな感じで連休スタートを祝した食卓。頂き物のクラフトビールが美味い。すぐに空いて赤ワインに切り替える。

 

なんだか良い休日だったな。

 

 

 

 

食費に全振りした土曜日。

土曜日のはなし。

 

午前中、娘と奥さんと駅前まで買い物に行く。翌週が奥さんの誕生日なので、また自宅で寿司パーティをやるべく、新鮮な魚介を買うのだ。

 

ここ数ヶ月外食にも行けていないため、いい機会だからと普段買わないグラム単価の刺身をモリモリ購入する。デパートの魚屋コーナーに並んでいる刺身はなぜかキラキラして見える。鮮度管理が違うのか、輸送方法が違うのか、値段に目がくらんでいるのか。新鮮で美味そうに見える。生筋子なんかも購入する。中トロなんかも買っちゃったりする。

 

二人で食べるのでそんなに大量に買ってもしょうがないのだが、寿司を食べるのに1種類2種類だと寂しいので、どうしても量が増えてしまう。安くはないが、回らない寿司屋に行くことを考えたら安いものだ。食費万歳。

 

昼はうなぎ。 

f:id:showgo0818:20200916161155j:image

中トロや筋子を買って気持ちが大きくなっていたのか、国産のうなぎがとてもリーズナブルに感じてつい買ってしまった。新車を買うとついつい純正ナビをオプションで付けてしまうあの感じである。

 

うな丼にしてモリモリ食べる。美味い。今日はもう運転する予定もないので昼からビール。しあわせの味である。

 

午後は娘と遊んで少し昼寝して、2ヶ月ぶりのジムで筋トレする。ここ最近は走ってばかりでヒョロヒョロになっているのでまたここから頑張ろう。

 

さて、ばんめし。

 

ゆっくり外食もしづらい世の中なので、奥さんと寿司屋にいった気分を味わうべく、和食のコース風に献立を作ってみた。

 

まずは前菜。海鮮いくら豆腐と酢の物。

f:id:showgo0818:20200916161136j:image

海鮮いくら豆腐は前回の記事参照。こういった一品料理からスタートすると気分が上がる。ビールと奥さんは炭酸水で乾杯。

 

焼き物。マグロのカマ塩焼き。

f:id:showgo0818:20200916161143j:image

三崎の直売所で購入した本マグロのカマ塩焼き。塩をふって焼くだけでおかずにもつまみにも良い。脂が乗っていてムチムチで美味い。このあたりでビールは飲み干して日本酒に切り替える。

 

握り寿司。

f:id:showgo0818:20200916161148j:image

小ぶりの寿司が好みなのだ。ネタはもう少し厚めに切った方が良かったかも。何回かやるとちょうど良い加減が掴めてくるね。

 

今回はイクラ軍艦とイワシを追加してみた。イワシの握りは脂の乗った柔らかい身が口の中でとろけて美味い。生臭くならないように切り身に少しお酢を塗っておいたのも良かったかも。

真鯛の握りははカボスと塩で食べてみた。これも爽やかで良い。

 

いくらとサーモンの親子丼。

f:id:showgo0818:20200916161131j:image

親子丼とは背徳の味。そして食い過ぎである。


f:id:showgo0818:20200916161127j:image

しかも今回は奥さんの誕生日なのでデザート付き。フルーツタルト。少し崩れてしまった。

 

鰻を食って寿司を食ってケーキを食ってという食費に全振りした土曜日。たまにはこんな贅沢も良いものだ。娘が寝たタイミングを見計らってだったので21時スタートとかになってしまったが、ゆっくり食事を楽しめて満足である。