太陽の下で笑う。

うまいものはうまい。

オムライスとパフェと餃子。

オリンピックが開催されるとのことで、7月に急遽連休が発生した。ぼくが住む神奈川県は緊急事態ではなく、まん延防止等重点措置の対象だったが、神奈川県知事のおじさんが、「神奈川県版緊急事態宣言だ!」などとよくわからないことを言っており、あまり遠出はせずに家族で過ごすことにした。

 

木曜日祝日のはなし。

 

自宅に近所に住む娘のいとこたちを招待して、オムライスとパフェを食べる。

 

午前中、奥さんと娘は近所に住むお姉さん宅に遊びに行かせてもらい、ビニールプールで水遊び。うちの娘がまだ水遊びが怖いようで、7歳5歳3歳のいとこたちと一緒であれば多少慣れてくれるかと思ったが、やっぱり恐怖で水には入らなかったようだ。

 

その間にぼくは部屋の掃除や買い出し、ひるめしの準備を済ませておく。11時過ぎに子供たちと奥さん、お姉さんが来て、子供4人、おとな3人でにぎやかなひるめし。

f:id:showgo0818:20210726191244j:plain

 

チキンライスの具だけ作っておき、大きめのフライパンでご飯と混ぜてケチャップで味付けし、もう一つのフライパンで薄焼き卵を作って1つずつオムライスを作っていく。小さな子供たちがニコニコしてオムライスを食べてくれるのがなんとも嬉しく、作り甲斐がある。うちの娘も、お姉ちゃんお兄ちゃんが一緒に食べるのが刺激になるようで、自分でスプーンを持ってモグモグと真剣に食べてくれていた。

 

皆がご飯を食べて、ひとやすみしたところでデザートを作ろう。7歳と5歳の姪っ子に手伝ってもらい、一緒にパフェを作る。

コーンフレーク⇒クリーム⇒バニラアイス⇒フルーツと順番にグラスに入れて、最後に上にフルーツをトッピングして完成。姪っ子たちも自分で作るのが楽しいみたい。ダイニングテーブルに子供たちが4人座って仲良くデザートを食べる。

うちの娘はまだ小さいのでコーンフレークだけを小さなお皿に入れてあげる。皆と一緒に大人用の食卓に座れるのが嬉しいようで、ニコニコしてつまんでは食べていた。

 

娘の昼寝の時間までしっかり遊んで解散。子供4人に囲まれて大変だったが充実した時間であった。

 

夜はチルドの餃子があったので、中華にする。

f:id:showgo0818:20210726191250j:plain

きくらげ入の野菜炒め、よだれ豚、餃子でお腹いっぱい。

娘が欲しがったので餃子を齧らせてみたら、意外と気に入ったようでモリモリ食べていた。

 

 

 

 

教えたくない海。静かで豊かな暮らし。

日曜日のはなし。 

 

紆余曲折あり、最高な自然公園を見つけた。できればあまり人には教えたくないが、このブログのアクセス数を見るになんの影響もなさそうなので書く。

 

もともと、梅雨明けを祝して海に行きたいなと思っており、奥さんの実家も含めて葉山公園でピクニックでもしましょうと早起きして出発したのだった。(葉山公園は夏場は大人気であり、駐車場代が閑散期の4倍まで高騰すするにも関わらず、開園30分くらいで満車になってしまうのだ)

 

途中まで順調に行っていたのだが、先日の豪雨被害で逗子インターが閉鎖されているではないか。横須賀インターまで出て下道で戻ったのだが、30分以上タイムロスしてしまい、葉山公園についた頃には駐車場がいっぱいで入れなかったのだ。

 

しょうがないので、また横須賀方面に戻り、これから入れそうな公園を探す。先月末も同様の流れでさまよっていたので、先月末見つけた佐島マリーナの隣にある天神島臨海自然教育園という施設に行ってみることにした。

 

ちょうど開園時間の5分前に到着することができ、スムーズに駐車場にも入れることができた。

天神島臨海自然教育園は、自然環境の保護と調査教育を目的に横須賀市が管理運営している施設らしい。海辺の生き物の標本などを展示したビジターセンターがあり、ハマユウが自生する海岸線一帯が公園として一般にも開放されているようだ。テントを貼ったり、バーベキューや飲酒は禁止されているが、磯遊びには最適な環境である。

 

観光地ではないし、駐車場も15台のみと少ないのですごく静かでのんびりできる。

f:id:showgo0818:20210719094721j:plain

遠く江ノ島と富士山が見える。江ノ島では今頃世界中のヨット選手が集まって最後の調整や練習をやっているところだろう。

 

f:id:showgo0818:20210719094732j:plain

 

岩場が複雑に続いており、波もなく綺麗な潮溜まりが続いている。娘も海に馴れさせるべく抱っこしてチャプチャプと足を海につけてあげたが、まだ怖いらしく顔がこわばっていた。

 

f:id:showgo0818:20210719094743j:plain

カニやヤドカリを捕まえて容器に入れて見せてあげると、カシャカシャと動き回る小さな生き物が楽しかったのか、キャッキャと喜んで「かぁいぃ〜」「すごぉい!」と声を上げていた。

 

娘が疲れるまでしっかり遊ぶ。今回は普段着だったので膝辺りまでしか水に入れなかったが、次回はガッツリ水着で磯遊びを楽しもう。

いいところを見つけた。

 

帰宅して、昼はイリコ出汁と鯖缶、キュウリで冷や汁うどん。

f:id:showgo0818:20210719094754j:plain

暑い日は冷やし麺ですね。ちゅるちゅる美味い。

 

午後は奥さんが娘を実家に連れて行ってくれたので、リビングでコーヒーを飲みながら先日読んだ本の内容をノートに写して振り返りの時間。

家がスッキリと片付いていて心地よい。なんだかこの土日は静かで充実した時間を過ごせておる。とても豊かで良い。

 

そんな日曜日のばんめし。

f:id:showgo0818:20210719094805j:plain

ごぼうサラダ、肉野菜炒め、牛皿の卵とじ、つぶ貝。

本日も脈絡の無い食卓であるが、全体的に野菜多めの健康的な食卓。

 

 

図書館と厚底シューズとイリコ消費メニュー。

土曜日のはなし。

 

梅雨明けして早々に真夏日到来。奥さんはゆっくり家を片付けたいとのことだったので、午前中は娘と外出することにする。この真夏日、公園だと早々にバテてしまうため、冷房の利いている図書館に行きましょう。

 

娘とバスに乗って図書館へ。3年前にこの街に引っ越してきて、初めて図書館を利用する。なんだかワクワクする。カウンターで僕と娘の分の貸し出しカードを作ってもらう。

区営の図書館なのだが、絵本コーナーが充実しており、数百冊の絵本が背の低い棚に並んでいる。読み聞かせができる低めの椅子もあり、娘と一緒に絵本を選ぶのが楽しい。

f:id:showgo0818:20210719094341j:plain

娘も自分の意志で選んでは、「よんで!」と手渡してきて楽しそうである。いい場所だなー。娘が飽きるまで何冊か読み聞かせてみて、3冊ほど借りて帰る。

 

帰りは川沿いの並木道を散歩。暑いが時折吹く海からの南風が気持ち良い。娘は帰りの途中からベビーカーでぐっすりであった。

 

帰宅し、昼は甘めの肉味噌を作ってジャージャー麺風そうめん。実家からそうめんと出汁用のイリコ(煮干し)を大量に送っていただいたので、モリモリ食べる所存である。

f:id:showgo0818:20210719094352j:plain

自家製ラー油をかけてモリモリいただく。

 

娘はまだぐっすりと寝ており、静かな土曜日の午後。窓の外は綺麗に晴れており、洗濯物が風に揺れている。クーラーの効いたリビングのカーペットに寝転んで、窓の外の電車の音に耳を傾ける。とても平和。

 

 

平和な休日だけだとだらけてしまうので、真夏の太陽の下ランニングへ。

足腰が弱ってきたおじさんなので、ランニングシューズを新調してみた。厚底シューズで有名なホカオネオネのクリフトン7。

f:id:showgo0818:20210719094404j:plain

なるほど、フワフワとしてこれまでの薄底シューズとは全然違う。足腰にやさしく、マシュマロのような柔らかさである。また、ソールの真ん中が膨らんでいるような感じで、カカトで着地した足が転がるようにスムーズにつま先まで体重移動して身体が前に出てくれる。走っていてとても楽だ。これを履いてしまうと、もう薄底のシューズには戻れない気がする。

5キロほどゆっくり走り、あとは歩いたりダッシュしてみたりと足を慣らす。いつもと違う箇所が筋肉痛になりそうな違和感はあるものの、初回の印象としてはとても良い。これでもうちょっと足を鍛えてみましょう。

 

帰ってシャワーを浴びてばんめしの準備。

娘が早めに寝そうだったので、先に半分くらい作っておき、寝かしつけしてから仕上げる。

 

f:id:showgo0818:20210719094415j:plain

メインは鮭のカマ塩焼きとしめ鯖。どちらも脂がしっかり乗っており美味い。

 

あと、今回はイリコの大量消費メニューとして、イリコとゴボウの唐揚げと、イリコの佃煮を作ってみた。佃煮はもう少し醤油と砂糖を効かせたほうが良かったかも。

あとは出汁を使ってガンモドキと大根ニンジンの煮物。

f:id:showgo0818:20210719094422j:plain

地味なおかずばかりだが、お酒が進む。