太陽の下で笑う。

うまいものはうまい。

web広告について思うこと。

インターネットに浴してこの20年近くを生きてきたが、インターネット全体がどんどんと読みづらく楽しくないものになってきている気がする。

殺伐としているとかではない。以前からずっと殺伐としているところは殺伐としている。ウェルカムトゥアンダーグラウンドである(2006年起源の古いコピペ)

それよりも、とにかく広告が非常に邪魔で不愉快な感じになってきているのだ。

 

僕はこんな雑文をつらつらと書いているくらいなので、他人のブログを読むのもそこそこ好きなのだが、ここ数年、サービス自体が廃れてきてブログ事業者も利益を確保するのに必死なのか、どのサービスでもやたらと広告が多くなってきた。

 

タイトルをクリックしたら画面中央に関係ない広告がドカンと出てきて、進めば良いのか閉じれば良いのかぱっと見でわからないような選択肢が付いていたりする。タイトルを見て面白そうだと思った興味が一瞬で引いてしまう。

 

本文にたどり着いても、ブログの画像よりも広告の画像の方が多かったり、本文中の大事なところで関係のない広告が挟まれたりしており、普通に読みづらい。PCで表示した場合に画面の7割が広告なんてのもあったりする。

 

スマホ表示では、広告枠の中で広告の画像が動くようなものもあり、指でスクロールしようにも出来ないという嫌がらせのような仕様のものも良く出てくる。

 

他にも、画面上をゆっくり動く広告や、時間を置いて浮かび上がってくる広告など、明らかに誤クリックを狙ったようなものも増えてきており、何でもありになってきている。卑怯だし不快でしか無い。そこで出た商品は絶対に買いたくない。

 

などなど。

いやだなー邪魔だなーと思うことが増えてきた。 

 

また、これはwebメディア全般に言えることだが、下品な見た目の広告も増えてきた。ニュースサイトや読み物系のサイトで、脱毛やらダイエットやらシミシワ防止のサプリやら芸能人のゴシップ系の広告が表示されているのだが、見た目が不快なものが多すぎる。端的にいって下品だ。メディアとしてそれで良いのだろうか。

 

無料で利用させていただいているため文句を言うなと言われればその通りである。黙ってブラウザを閉じるしかない。しかし、インターネットをずっと楽しんできたおじさんが思うに、web広告の業界全体でどんどんと広告効果を落として首を絞めているように感じるのだ。

web広告の代理店は、どれだけクリックされたか、どれだけ表示されたかが売上となるため、どれだけ下品でも誤クリックだとしても、ひたすら売上のために不快な広告をふやしていっている。それで広告の効果はどんどん下がっていく。また、メディア側は広告効果が低いからもっと広告で埋め尽くさないと売上が立たない。そしてユーザーはひたすら不快で不便である。

 

どうにかならないのだろうか。個人的には、あまりに不快な広告の多いメディアは見なくなってきてるし、スマホには不快な広告をブロックするアプリを入れている。それだけ自衛しても、不快な広告は次々と手段を変えて目の前に現れてくる。

椎名誠SF小説『アドバード』の世界だ。僕らの生活は広告に包囲されている。

 

ふと思ったのだが、技術革新で記憶媒体は加速度的に安く大容量になってきており、処理するためのサーバーも高度化しているので、ブログメディアなどの運営費用は下がっているのではないだろうか。ここまで広告を増やさないといけないのだろうか。それとも今のやり方が顧客満足度的にも、ビジネス的にもベストなのだろうか。わからない。

 

 

と、ここまで書いてきて、以前ブロガーのちきりんさんがvoicyという音声ブログサービスで語っていたことを思い出した。

 

YouTubeで、有料プランに課金すれば広告を非表示にしますというのはGoogleの企業の姿勢としてはおかしいのでは?ということだ。

 

Googleは世界最大のweb広告の会社である。web広告でユーザーと顧客企業をつなぐことで売上を立てている。検索から自動運転まで幅広くやっているが、メインビジネスは広告なのだ。世界でも最先端の頭脳と世界を変えてやるぞという志を持った優秀な人たちが集まっているGoogleという会社で、自分たちのメインビジネスである広告を、『邪魔なもの』として、「お金くれたらこの邪魔なものを消しますよ~」というのは違うのではないかということだ。

 

 

今ぼくらがwebサービスYouTubeを無料で使えているのも、広告のおかげだ。ある種、必要悪のようなものなのかもしれない。ただ、その必要悪だけが加速していって、どんどん利便性を損なっていくのはどう考えても健全ではない。というかあまりにもユーザーの視点が置いてけぼりではないか。

 

だからどうすればよいかということはないのだが、webサービス各社にはもう少し理性的な広告のつけ方をお願いしたいものだ。

 

インターネットを愛するいちおじさんからの願いである。

 

 

 

 

良いラジオ。高級な水切りカゴ。

日曜日のはなし。

 

昨日、本棚をやっつけて勢いがついたので、午前中から義実家に娘を預かってもらい、奥さんと二人で梱包開始。奥さんはクローゼットと寝室を担当。僕は靴箱まわりをやっつける。

 

イヤホンでラジオを聴きながら黙々と作業する。大量の革靴やブーツをダンボールに収める。大サイズのダンボール4箱分。

4月5日(月)放送回の『伊集院光 深夜の馬鹿力』を聴く。フワちゃんにいじられた件やラジオの帝王扱いへの愚痴、UberEATSで頼んだメシを猫に食い散らかされた話から、圓楽師匠と寿司を食いに行った話、落語をやめた際の顛末まで。笑いあり人情味ありでちょっと感動した。久々にいい話を聴いたなぁという感じ。やっぱりラジオは大好きだ。

 

靴箱を一掃し、クローゼットのヨット関連の備品や、一人暮らししていた際のアウトドア用品など、不用品も結構あったので捨てる。捨てるきっかけ大事。そして、引っ越し前の1週間、どの曜日に何を捨てるかのスケジューリングが非常に重要である。分別を調べて捨てるものをまとめておく。午前中に2時間ほど作業し、だいぶすっきりしてきた。

 

あとはリビングと台所、水回りをやれば終了なので、16日が有給なのでそこで梱包すれば終わりそう。ようやく段取りがついてきて嬉しい。

 

義実家に娘を迎えに行き、スーパーで買い出し。

あと1週間で冷蔵庫をカラにしないといけないので、奥さんの料理レパートリーを考えつつ、過不足の無いように食材を購入する。

 

午後は交代で娘と遊びつつ、鍵の業者に連絡したりマンションの管理室への申請を書いたりネットで水切りかごを選んだりする。

キッチンのシンクが結構大きくなる予定なのだが、そこに合う水切りかごがなかなか無い。個人的には、水切りかごにコダワリは一切無いのでニトリや適当なキッチン雑貨の安いモノで良いのだが、シンク横にうまく設置できるサイズのものが全然ない。

楽天Amazonで検索して探しても、ぴったり合いそうなのはカーテンと同じKEYUCAの水切りかごだけだった。お値段6000円である。むむむ。

 

水切りかご6000円はまだギリギリ理解できるが、水切りかごにセットするカトラリー入れの小さなカゴがなんと3000円、水切りかごの下にセットするプラスチックの排水トレーがなんと2000円である。オプションで課金を迫ってくる。ちと強気すぎやしないか。

 

いくらうちが富豪でもステンレスの小さなカゴとプラのトレーに5000円は無理である。さすがに高すぎたので本体だけにしておき、かつ楽天の各種サービスを駆使して最大限にポイント還元されるように購入する。庶民の知恵である。

 

その後一人でランニング。いつもよりも体が軽い。8キロほどいいペースで走る。最近走ってばかりなので、ジムを解約しようか悩ましいところ。筋トレもしたいのだが、あまり時間が無いのだ。これは課題としよう。(といいつつ毎月7000円の会費が溶けていく。水切りかごもオプションも買えるではないか)

 

 

 

夜はモリモリ作りおき。ビールを飲みつつ、今週いっぱいで冷蔵庫をカラにする算段で調理す。

 

スーパーで手羽元の大きなパックが安かったのでニンニク豆板醤醤油に漬け込んでグリルで焼く。ビニール袋に入れて揉んでおくだけなので簡単ヘルシーで美味い。

f:id:showgo0818:20210413150502j:image

左奥は、大根ときゅうり、カニカマのパスタサラダ。スライサーで薄切りにした大根を5ミリ幅くらいで切って、きゅうりと一緒に塩もみして水気を絞っておく。そこにほぐしたカニカマとゆでたサラスパを入れて、ポン酢マヨで味付け。

右奥は大根人参コンニャクと手羽元の煮物。ホロホロで美味い。

 

f:id:showgo0818:20210413150507j:image

あとは、豚肉と長芋、ナスのオイスター炒め。豚肉に塩胡椒片栗粉をまぶしておき、その他野菜を入れて強火で炒め、オイスターソース醤油酒とほんの少しの創味シャンタンで味付け。

 

 新生活の準備もだんだんと整ってきた感じ。

あとはエアコンとネット回線をやらねば。

 

 

趣味の本棚をつくりたい。3家族で誕生会。

土曜日のはなし。

 

午前中娘と公園へ。今日は顔なじみの方は誰もおらず、娘も少し残念そう。1歳半の娘は今日も自由である。公園の端の生垣の隙間やフェンス際の雑草の中をモリモリ歩く遊びや、サルスベリの皮をぺりぺりと剥ぐ遊びなど、独自の遊びを開発しては集中して取り組んでいる。

 

1時間弱で眠くなったようで、抱っこをせがまれる。まだ帰宅するには早かったので抱っこして住宅街を散歩する。歩いているうちに寝たので帰宅。そのまま1時間近く寝てしまった。奥さんが所用で外出していたので、しばし一人の時間。ソファでゴロゴロとスマホを触って一人時間を満喫する。

 

奥さんが帰宅。たらこしらすパスタで昼飯とする。

f:id:showgo0818:20210412191607j:image

白いね。大葉とかがあると良かったのだが。

 

引っ越しが来週に迫っているため、そろそろ片付けを開始しないといけない。夕方から義父の誕生日で皆で食事することになっていたため、奥さんと娘には先に実家に行っていてもらい、一人で集中して本棚をやっつける。

 

高さ180センチ、横幅80センチくらいの本棚いっぱいに本が詰まっているのでダンボール6箱分くらいある。前は定期的にブックオフや古本屋を巡っては5冊10冊と買い続けていたが、スペースも有限だし、自分の部屋も無かったので読み返したい本以外は捨ててしまっている。この20年くらいで買った本はこの5倍近くはあったはずだ。

 

最近はスペースも無いので電子書籍で買っているが、今回、本棚の整理をしていて、やっぱり紙の本っていいのでは?とも思ったりする。

 

ものごころがついて30年ほど本を読み続けてきて、このジャンルは間違いなく好き!というものが固まってきた。なので、それだけはハードカバーの本でそろえて、これぞ趣味の本棚!という状態にしてみたいのだ。

 

・進化生物学関連
・軟体動物に関する本
行動経済学・心理学系の科学本
・人間の身体の仕組みや進化にまつわる本
・極限の状況を描いたノンフィクション(遭難、漂流、戦争などなど)
・人類史全体を俯瞰して新たな視点を得られるような本
・食い物や食事、調理に関する本(料理法やレシピよりは、料理の科学的なロジックや世界の食文化など)

このあたりで琴線に触れた本については、大判だろうとハードカバーだろうとバシバシ買って、自分が大好きな本棚にしていくというのは夢がある。本棚イコール自分の興味という形にアップデートしていくのだ。とても楽しそうである。

残念ながら、ここにビジネス関連の書籍は入ってこない。ビジネス関連もそこそこ読むが、琴線には触れないし、所有したいとい感じにはならないのだ。

 

引っ越して、せっかく自分の部屋ができるのだ。時代に逆行するようだが、好きな本は紙でバシバシ買っていこうかな。

 

 

 

本棚をすべてやっつけたところで、奥さんから呼び出しがあり僕も義実家へ。

 

奥さんの家族は、イベントごとを非常に大事にする一家で、娘たちが大人になっても皆の誕生日をちゃんと祝っている。凄い。

90歳のおばあちゃんから1歳半のうちの娘まで3家族4世代が集まってお寿司をいただく。義姉の家族が3歳5歳7歳の子供がいるので、元気いっぱいである。娘もわちゃわちゃした環境が楽しかったようで、興奮していとこのお姉さんたちに遊んでもらっていた。

 

暗くなる前に解散。帰宅して娘を風呂に入れて寝かしつけ。

 

本日は料理をせず、夜は録画しているお笑いを見ながら奥さんと白ワインを飲む。たまにはこんな休日も良い。お寿司ご馳走様でした。